保湿とアトピー

アトピー肌に悩まされている人は老若男女、いろいろな層でみられます。そもそもなぜアトピー肌になってしまうか、これは肌が本来持っているはずのバリア機能が壊れてしまうことが関係しています。肌が外部の刺激に対して無防備になり、乾燥肌となってしまいます。肌が乾燥しますとかゆみを引き起こし、さらに症状が進むとひび割れが起きて体液がにじみ出るような状況になります。

アトピー肌を改善するためには、なんといっても壊れてしまったバリア機能の修復にあります。肌が外部の刺激から守られている状況が続けば、刺激に対するダメージを受けにくくなり、アトピー肌の状況から改善するでしょう。

この肌のバリア機能を回復するために、保湿成分が必要です。具体的にはセラミドやヒアルロン酸といった保湿成分を補う必要があるでしょう。本来ヒアルロン酸やセラミドは体の中で生成されるのですが、バリア機能が低下しているアトピー肌の方は、生成力が低下しています。そこで外部から補うことで、機能回復を促進していきます。ただし保湿といっても、やみくもの水分を与えてもかえって逆効果になりえます。自分たちで水分を維持する必要がないと誤解してしまって、常に外部から水分を補っていかなければならなくなるからです。

保湿としわの関係

アンチエイジング化粧品が、いろいろなメーカーから販売されています。女性の中には多かれ少なかれ、少しでも実年齢よりも若く見られたいという願望があるでしょう。しかし年齢を重ねると、しわやたるみが目立つようになって、自分の肌の老化を実感するでしょう。

しわやたるみの発生する原因として、肌の乾燥が挙げられます。肌が乾燥すると、喜怒哀楽などで表情を動かしたときに肌に線が入り、それが元に戻りにくくなります。繰り返し表情を変化することで、しわが深くなりなおかつ、増えていってしまいます。たるみについても同様で、角質層に十分な水分がなくなると、その奥の真皮層の負担が大きくなります。結果的に肌を持ち上げきれなくなって、重力に負けて垂れ下がってしまいます。

しわやたるみ対策として、この乾燥肌の状態を食い止めることは大変重要です。保湿を毎日続ければ、しわやたるみ、かさつきなどを抑制する効果も十分期待できます。しわやたるみを起こさないように乾燥肌対策をするのであれば、水分を補給するだけでは不十分です。水分に加え、必要な油分を補う必要があります。若いころはまだしわやたるみに関して、あまり関心を持たない人も多いでしょう。しかし将来を見越して早めに対策を講じると、いつまでも若々しい肌を維持できます。

保湿とニキビの関係

ニキビというと青春の象徴というイメージを持っているかもしれません。しかし大人ニキビといって、成人してからもニキビに悩まされる人が多いです。大人ニキビは皮脂が過剰に分泌されることが原因の思春期とは違って、ターンオーバーの乱れと乾燥肌が原因と考えられます。肌が乾燥していると、角質が厚くなって老廃物の排出がスムーズでなくなり、肌の中に老廃物がどんどんたまってしまいます。

ターンオーバーの乱れも、水分が関係しています。肌細胞の生まれ変わりのターンオーバーは、肌に充分な水分のあることが必須の前提条件といわれています。肌に充分な水分がないと、肌がかさついて硬くなります。すると栄養分も供給しにくくなってしまって、新しい肌細胞を生成しにくくなるのです。

そこで保湿をしっかり行うことが重要になります。保湿を行うことで、肌の乾燥を防ぐことが可能です。すると柔らかくしなやかな肌質に変身して、老廃物の排出機能が回復します。また十分な水分が肌にあることで、ターンオーバーの乱れも元に戻るでしょう。すると肌のリフレッシュが進み、老廃物の排出もスムーズになります。その結果、大人ニキビが改善する・できにくくなって美肌に一歩近づくと考えられています。

美肌につながる保湿

スキンケアを行っている女性は多いですが、その目的は人によってさまざまでしょう。シミやそばかす対策で美肌になりたい、しわがなくいつまでも若々しい肌を維持したいアンチエイジング、ニキビ対策をしたいなど人によって目的は多種多様です。一見すると、いずれも肌のコンディションを保つために異なる目的ではありますが、いずれも共通しているキーワードがあります。それが保湿です。

肌のコンディションを保ち、若々しく美しい肌を維持し続けるためには保湿は欠かせない重要なポイントです。逆に言えば、もし肌のコンディションがいまいちと感じるのであれば、それは保湿がきちんとできていない可能性を疑ってかかった方がいいです。それくらいスキンケアを行うにあたって、保湿することは重要なポイントなのです。

「保湿」という言葉を聞くと、肌に水分を与えればいいと思っている人も多いでしょう。もちろん水分を補い、肌を乾燥した状況下に置かないことは大事です。しかし水分を与えればいいかというと保湿はそのような簡単な話ではないです。保湿をするためには、水分と油分のバランスを保つことが大事です。化粧水を肌につければ、一時的に水分量がアップします。しかしすぐに蒸発してしまいかねません。そこで化粧水をつけた後でクリームや乳液を塗り、ふたをすることが大事です。スキンケアで保湿は欠かしてならないものという認識を持ちましょう。そこで以下では保湿と肌トラブルの関係性について詳しくみていきます。

デファンドル・ドネ シルクスキンクリーム|年齢肌の美容クリーム・・・参照HP