保湿とニキビの関係

ニキビというと青春の象徴というイメージを持っているかもしれません。しかし大人ニキビといって、成人してからもニキビに悩まされる人が多いです。大人ニキビは皮脂が過剰に分泌されることが原因の思春期とは違って、ターンオーバーの乱れと乾燥肌が原因と考えられます。肌が乾燥していると、角質が厚くなって老廃物の排出がスムーズでなくなり、肌の中に老廃物がどんどんたまってしまいます。

ターンオーバーの乱れも、水分が関係しています。肌細胞の生まれ変わりのターンオーバーは、肌に充分な水分のあることが必須の前提条件といわれています。肌に充分な水分がないと、肌がかさついて硬くなります。すると栄養分も供給しにくくなってしまって、新しい肌細胞を生成しにくくなるのです。

そこで保湿をしっかり行うことが重要になります。保湿を行うことで、肌の乾燥を防ぐことが可能です。すると柔らかくしなやかな肌質に変身して、老廃物の排出機能が回復します。また十分な水分が肌にあることで、ターンオーバーの乱れも元に戻るでしょう。すると肌のリフレッシュが進み、老廃物の排出もスムーズになります。その結果、大人ニキビが改善する・できにくくなって美肌に一歩近づくと考えられています。

Published by admin