保湿とアトピー

アトピー肌に悩まされている人は老若男女、いろいろな層でみられます。そもそもなぜアトピー肌になってしまうか、これは肌が本来持っているはずのバリア機能が壊れてしまうことが関係しています。肌が外部の刺激に対して無防備になり、乾燥肌となってしまいます。肌が乾燥しますとかゆみを引き起こし、さらに症状が進むとひび割れが起きて体液がにじみ出るような状況になります。

アトピー肌を改善するためには、なんといっても壊れてしまったバリア機能の修復にあります。肌が外部の刺激から守られている状況が続けば、刺激に対するダメージを受けにくくなり、アトピー肌の状況から改善するでしょう。

この肌のバリア機能を回復するために、保湿成分が必要です。具体的にはセラミドやヒアルロン酸といった保湿成分を補う必要があるでしょう。本来ヒアルロン酸やセラミドは体の中で生成されるのですが、バリア機能が低下しているアトピー肌の方は、生成力が低下しています。そこで外部から補うことで、機能回復を促進していきます。ただし保湿といっても、やみくもの水分を与えてもかえって逆効果になりえます。自分たちで水分を維持する必要がないと誤解してしまって、常に外部から水分を補っていかなければならなくなるからです。

Published by admin